和食で健康な体に

和食は本当に健康に良い

毎日和食にして健康な生活を

今、海外で日本の和食がブームです。元々、4本脚の獣(ウシ・ブタ)を食べる文化の無かった日本、四方を海に囲まれて豊かな川にも恵まれて、海産物と農作物に穀物をプラスした和食が食事のメインとなっていました。現在、そんな食文化が健康に良いと見直されています。そもそも、食事は糖質・野菜・たんぱく質の3つをバランス良く食べることが大切です。たんぱく質は日本食では主に海産物や豆類となりますが、欧米の食文化により動物性たんぱく質の摂取が増えてしまいました。動物性たんぱく質の摂取そのものは悪くありませんが、海産物や豆類を多く食べることで、健康は一段と確実になります。食生活を見直して、日本食を中心とした生活にしてみてはいかがでしょう。

毎日の食事があなたの体を作る

毎日の食事があなたの体を作っています。健康でいるためには食材や調味料などに気を付けて、きちんとした食生活を送りましょう。ダイエットする方が多い昨今、1日に必要な栄養素が足らず知らず知らずのうちに飽食の国日本で栄誉失調になっている方が増えています。また、消費期限が長い物の中には食品添加物が沢山含まれるものもありもあります。できるだけ添加物が少ない物を選びましょう。食物繊維、たんぱく質、炭水化物のバランスを考えた食事をすれば、健康を保つ事が出来ます。毎日自炊は大変ですが、経済的で自分で作るため塩分や油分の調節もできますのでお勧めです。

↑PAGE TOP

Copyright © 和食は本当に健康に良い All rights reserved